読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お天気ぶらぶら

文章の練習を兼ねて始めました。「雨ふりふり」に比べて日記寄りの内容になると思います

SONYの高音質microSDカード、どうせなら

デザイン

f:id:aox:20150316134636p:plain

f:id:aox:20150316134637p:plain

どうせならなの出して欲しいです

――実際、違いはあったのですか?

佐藤:はい、かなり音に違いが出ました。もちろん私一人が聴いたのではなく、部署のメンバー、大勢で聴いてチェックしたのですが、同様でした。驚いたのは、カードの色によっても違いがあったことですね。 

http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dal/20150309_691795.html

SDカードの色によって鼓膜にとどくまでの音が変わるというのは(少なくとも人間の知覚のレンジでは)無いと思いますが、鼓膜に入ってから心理的な効果で音が変わるのは普通にありえることですし、そういう視点から回路に対する信頼に加えて鮮やかな色でバリエーションを作ると訴求力あるんじゃないかなと思いました

燃える音楽は赤、セクシーな音楽はピンク、みたいに使い分けると僅かなノイズの差よりは気分的に聞こえ方が変わってくるんじゃないかしら。他にカラーバリエーションを増やすことのメリットとして

  • 色に関連付けて内容を覚えられる
  • 2、3枚出してファイルのやりとりする時に間違わない
  • デバイスの色に合わせることができる

なんかが思いつきます

コストはどうなんでしょうね、あとからの塗装ならそれ程高くならないような。何百回と抜き差しするものでもなさそうですし、そういう使い方で考えても色の剥げ具合で区別できてかえって良いかもしれません。今度スプレーで塗ってみようかしら 

f:id:aox:20150404072336p:plain

そういえば耐久性を考えると無理なんでしょうけど、クリアモデルがあったらどんな感じなんだろうとググったところ、裏?側のプリント配線ってメーカーによって個性があるみたいで、面白いですね。エンジニアさんの趣味なのか、特性に合わせてデザインされたものなのか、そこまでは調べていませんが中でも有機的な配線パターンの物は、発達した科学は魔法と云々、言われるように呪術的なパターンに見えなくもないです(参考:RUSOLUT | microSD Archives - RUSOLUT

f:id:aox:20150404072334p:plain

 

参考サイト:

 

 似たテーマで書いたエントリ:

アフィリエイト

ソニー microSDXCメモリーカード 64GB Class10 高音質モデル SR-64HXA
 

 アフィリエイト抜きリンク 

 アフィリエイト抜きリンク